トイレつまりで困ってしまう時は|スクールの便所のスーベニア

スクールの便所

スクールの便所のスーベニアといえば、やはり怪談話でしょうか。小学生のうちは1度は必ず流行った事があると念願ます。 テレビでも夏になるとアニメや特番が始まったりして、その時期になると友達と一緒にグループで声をかけあいながらトイレに行ったものでした。おっかないのに観てしまい、観た中身をお互いに話し合って怖がりあう。大人になった今では、少し笑ってしまうような懐かしいスーベニアです。

 

だんだん成長して中学生くらいになると、女の子は便所にいる時間が長くなってきました。別に用事があるわけではないのですが、鏡を使ってオシャレをしていたり、ただお喋りをしていたり。決まってあるグループが内緒話をしていたり、なんてことも。

 

その習慣は、大人になっても変わらないような気がします。トイレは男性が入ってこないし場所だし、女性だけの特別な空間といった感じでしょうか。化粧を直したり、髪型をセットし直したり。最近は、歯磨きをしている人も多くなってきたような気がします。

 

こうやって考えてみると、年齢によって違ってくるのが面白いです。そして今でもスクールの便所は、子供達が怖がったり楽しんだりし、これからも続いていくのだと思います。